ホ別苺

ホ別苺の条件だったけど、実は初対面した時「ホ別苺じゃ無理」って思ってしまったことがあるの。
相手の男の人、そんなに歳ではないんだけど、せいぜい30代前半なんだけど、デブだったんだよねー。
安田大サーカス?の人みたいな感じで、話してみると普通の男なんだけど、見た目がものすごい、拒否感しか沸かないんだよね。
それで、つい、私、挨拶してる時に、ものすごい拒否感を顔に出しちゃったんだ。
そしたら、そのデブが「やっぱ、自分なんかじゃダメっすか」って笑いながら言うんだよ。
その顔がものすごく切なくて、私の方がキュンと胸が痛んでさ・・・。
ホ別苺じゃなくて、ホ別3くらいだったら、なんとかチャレンジしてあげてもいいかもしれない・・・と苦しい胸の内になってしまったわけよ。
「ダメならダメでいいんです。自分、慣れてますから」ってそのまま立ち去ろうとするんだよね、その人。
最初だけ2万円
潔いというか、諦めが早いというか。
だけど、自分という存在をきちんと理解しているまともな人なんだと思ったよ。
だって、もうホ別苺が無理!ってほどの相手でも、食い下がってくる図々しい男っているわけだよ。
こっちが金払うんだから!って態度のでかい奴っているじゃん。
デブなりにプライド持ってるんだろうなと思ったな。
それで、ちょっと好印象は持ったの。
慌てて、呼び止めようとしたんだけど、その時に心の声が聞こえたんだよね。
「下手に期待させるのは逆に残酷だ」って。
ホ別苺では無理だけど、3くらい払うならって条件を出して無茶なチャレンジするか、ここで声かけずに立ち去らせるかどっちが優しいんだろうって自分でも分かんなくなったね。
オナ指示
ライブチャットオナニー